同じ工場で長く働くなら休暇制度についてしっかり確認しておこう

工場の求人選びの時に重視するポイントは人それぞれですが、同じ工場で長く働きたい場合は、給料や仕事の内容だけでなく福利厚生にもこだわることが大切です。例えば、仕事とプライベートの切り替えをしっかりと行いたい人は、休暇制度がきちんと整っている工場を就職先の候補に入れると良いでしょう。最近では、雇用形態に関係なく産休や育休を都合が良い時期に申請できるようにしたり、ボランティア休暇やリフレッシュ休暇を新しく導入したりしている工場も増えています。また、各部署でスタッフ同士が協力しながら、繁忙期以外の時期に有給休暇をまとめて取得できる環境づくりをしている工場もあり、様々な立場の人にとって安心して働き続けることが可能となっています。

全てのスタッフが入社後すぐに社員寮を利用できる工場もある

大手の工場の中には、福利厚生の一環として全ての希望するスタッフが入社後すぐに社員寮を利用できる制度を設けているところも少なくありません。特に、長年にわたり業績が安定している工場においては、水道光熱費の一部を会社側が補助したり、毎月の家賃を安く設定したりしているところもあり、若年の求職者を中心に理想的な職場として位置づけられるようになっています。また、終業後に快適な生活を送れるよう、寮内に最新の電化製品や家具などを用意したり、いざという時のために管理人を常駐させたりしているところもあります。そこで、社員寮にこだわって職場探しをしたい人は、時間を掛けて興味がある工場の求人票やウェブサイトを参考にしつつ、社員寮の特徴をよく調べることが重要です。